全国紙キーワードランキング

title1

セキュリティ関連キーワード調査 (2018年2月度)

先月の下旬に発生した、大手取引所からの仮想通貨流出事件は、犯人の足取りを追う情報に加えて、金融庁による立入調査や、被害者団による訴訟、業界団体の再編など、周辺の動きを含めて、その動向が連日報じられた。また、本件とは別の仮想通貨交換所を舞台とした不正送金事件の容疑者逮捕の報道もあり、各紙にて、仮想通貨市場のあり方を問う論説が目立った。

調査期間:2018年2月1日~2月28日 / 対象媒体:新聞全国紙朝・夕刊(首都圏最終版)

■注目記事

  • 【仮想通貨流出事案】 仮想通貨NEMが大量に流出した事件は、2月1日付各紙報道にて、警視庁による本格的な捜査が開始されたことが伝えられている。月内までに、流出前に海外のサーバーから「不正アクセス」があったことや、流出したNEMが「ダークウェブ(闇サイト)」を介して、別の仮想通貨に交換された痕跡など、「ハッカー」の足取りを追う情報が、散発的に報じられるものの、「捜査は難航する恐れがある(2/27読売新聞)」と見られている。また、事件を起こした某仮想通貨交換所は、13日に業務改善計画を金融庁に提出し、事業の継続を図っているが、顧客への補償は進んでおらず、集団訴訟が提起されるなど、事態の収拾の道筋は未だについていない。
  • 【仮想通貨口座転売事案】 2月1日付各紙にて、仮想通貨取引のIDやパスワードを転売したとして、警視庁がベトナム国籍の4人を逮捕したことが報じられた。売却された口座は「不正送金」に悪用されており、アカウントの不正提供の摘発は全国初という。不正送金の被害額は増加の一途を辿っており、某仮想通貨交換所の問題が注目を集める中での、新たな仮想通貨悪用事案は、規制強化への論調を後押しする形となっている。

■調査期間中に報道された主な事案

2/1 OS改変PC販売疑い 開発会社社長ら7人逮捕

2/1 某仮想通貨交換所流出 第三者にも送金か

2/3 金融庁 某仮想通貨交換所立入検査

2/6 某仮想通貨交換所流出、北朝鮮関与か

2/7 ウイルス作成容疑で 元バイト逮捕

2/8 流出のNEM ダークウェブで交換摸索か

2/14 某仮想通貨交換所 改善計画提出 出金再開

2/16 仮想通貨口座転売 容疑者4人を逮捕

2/16 某仮想通貨交換所問題 「みなし業者」全社 金融庁立入へ

2/16 某仮想通貨交換所問題 集団提訴

2/22 検察庁の偽HPで詐欺被害

2/24 NEM流出で捜査本部設置

2/27 「独某自動車メーカー日本法人」で顧客情報流出

2/27 闇サイトで170億円消失? 追跡難しく


■セキュリティキーワードランキング

 キーワードカウント数
1セキュリティ-323
2サイバー攻撃259
3不正アクセス166
4ハッカー90
5ウイルス89
6不正送金63
7ハッキング45
8サイバー犯罪39
9サイバーセキュリティー35
10脆弱(性)29
11サイバー保険27
12闇サイト20
12サイバー防衛20
14ダークウェブ18
14情報流出18
 キーワードカウント数
16ホワイトハッカー16
16サイバー対策16
16改ざん16
19ランサムウェア14
20不正接続12
21なりすまし10
21情報漏洩10
23サイバー9
24サイバーリスク8
25不正プログラム7
25トーア(Tor)7
27CSIRT(シーサート)6
28乗っ取り(型)5
28偽サイト5
28遠隔操作5

go全国紙キーワードランキング一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-6861-5172

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ