三井物産セキュアディレクション セキュリティ診断なら

全国紙キーワードランキング

title1

セキュリティ関連キーワード調査 (2017年8月度)

先月に引き続き、サイバーセキュリティを脅かす事案の報道が比較的少ない期間であった。この報道状況において、各紙が共通して取り上げた事案には、「某大手旅行会社個人情報流出」、「国内各地でネット障害」、が挙げられる。

調査期間:2017年8月1日~8月31日 / 対象媒体:新聞全国紙朝・夕刊(首都圏最終版)

■注目記事

  • 【某大手旅行会社個人情報流出】 某大手旅行会社が22日、同社の国内バスツアー予約サイトに外部からの「不正アクセス」があり、約1.2万人分の顧客情報が流出したと発表。同日の夕刊から各紙が報じた。クレジットカードや銀行口座番号の流出は無く、二次被害が発生していないことからも、記事は事実関係のみを伝える比較的小さな扱いとなっており、月内に続報も確認されていない。最も詳しく報じている22日付け東京新聞夕刊では、同社が契約している「セキュリティー」の専門家からの指摘で本件が発覚したと伝えている。
  • 【国内各地でネット障害】 8月25日正午過ぎから国内の幅広い範囲で通信障害が発生、インターネットを介した各種サービスが利用できなくなったことを、翌26日各紙朝刊が報じた。発生当初、原因は不明であったが、26日の報道時点では既に、米某大手IT企業による誤配信の可能性に言及する紙面が複数あった。26日、米某大手IT企業が、設定を誤り、自らが原因になったことを発表すると、27日各紙朝刊がこのことを報じた。各紙が事実関係を中心に報じる中で、日本経済新聞の記事では、1社のミスが経済社会に多大な影響を与えるという、ネットの「脆弱性」について改めて警鐘を鳴らしている。
  • 【その他】 事案の発生を報じるものではないが、本期間中には、読売新聞が、連載企画「狙われるサイバー空間」を全5回にわたり掲載している。記事は、「ダークウェブ」の存在や、「ハッカー」の低年齢化、「ランサムウェア」被害の増加といった、近年におけるサイバーセキュリティ脅威の実態を読者に報せている。

■調査期間中に報道された主な事案

8/18 不正アクセスに民事措置 某中央省庁 差し止め請求など検討

8/19 某警察本部そっくり 詐欺サイトが見つかる 電子マネー要求

8/20 「ファイルレス」攻撃が急増 政府・金融機関など標的

8/21 個人情報漏洩数ワースト10 ネット経由が8件(NPO調査)

8/23 「某大手旅行会社」不正アクセスで情報流出

8/25 仮想通貨取引所 サイバー攻撃標的 先月末国内50台感染

8/26 国内各地でネット障害

8/27 大規模障害 米某大手IT企業謝罪 ネットの脆弱性露呈


■セキュリティキーワードランキング

 キーワードカウント数
1サイバー攻撃139
2ウイルス135
3セキュリティ-123
4サイバーセキュリティー44
5ランサムウェア28
6ハッカー25
7ダークウェブ21
8サイバー空間19
9脆弱(性)17
10不正アクセス16
11遠隔操作14
12情報流出13
13サイバー対策12
14サイバー犯罪11
14CSIRT(シーサート)11
 キーワードカウント数
16情報漏洩9
16サイバー防衛9
18偽メール7
18サイバー7
20不正プログラム6
20サイバー保険6
20サイバー捜査6
20[サイト名称]アルファベイ6
24標的型(攻撃/メール)5
24ハッキング5
26闇サイト4
26不正利用4
26サイバーテロ4
26[ウイルス名称]ワナ・クライ4
30ホワイトハッカー3

go全国紙キーワードランキング一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5575-2171

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ