MBSD Ransomware Defender

title1

国産ランサムウェア対策専用エンドポイント製品




背景概要システム要件お問い合わせ全てを見る


背景① ランサムウェア対策の難しさ



  • 日々増え続ける新種のランサムウェアへの対処

    従来のウイルス対策製品ではどうしても後手にまわってしまい、次々と現れる新種への対応に間に合いません。

  • バックアップソリューションの導入壁の高さと運用の難しさ

    バックアップ側がやられたら?また、バックアップソリューションの継続には多くのリソースがかかってしまいます。

  • パターンファイル(シグネチャ)の更新の難しさ

    従来のウイルス対策製品ではパターンファイルの更新が必須ですが、タイムラグや更新忘れ等は無視できません。

  • ランサムウェア特有の検知できない構造

    通常のマルウェアと異なり、一般のアプリケーションに近いランサムウェアを誤検知なしに検知することは困難です。

背景① ランサムウェア対策の難しさ




  • 日々増え続ける新種のランサムウェアへの対処

    従来のウイルス対策製品ではどうしても後手にまわってしまい、次々と現れる新種への対応に間に合いません。

  • バックアップソリューションの導入壁の高さと運用の難しさ

    バックアップ側がやられたら?また、バックアップソリューションの継続には多くのリソースがかかってしまいます。

  • パターンファイル(シグネチャ)の更新の難しさ

    従来のウイルス対策製品ではパターンファイルの更新が必須ですが、タイムラグや更新忘れ等は無視できません。

  • ランサムウェア特有の検知できない構造

    通常のマルウェアと異なり、一般のアプリケーションに近いランサムウェアを誤検知なしに検知することは困難です。

背景② ランサムウェア検出の難しさ




ページトップにページトップへ

概要

「MBSD Ransomware Defender」の強み


ポイント① 国産かつ国内特許を2件取得 特許技術を全て搭載



国内ベンダー唯一、ランサムウェアの検知防御に関する国内特許を
2件取得しており、それらの特許技術を搭載しています。


ポイント② パターンファイルが不要



従来のアンチウイルス製品等ではパターンファイル(シグネチャ)の利用および更新作業が必須でしたが、MBSD Ransomware Defenderはパターンファイルを使用しません。


ポイント③ 主要なアンチウイルス製品と同居が可能



ランサムウェア対策特化型だから、ランサムウェア対策は本製品におまかせ
その他のウイルス対策はお使いのウイルス対策製品をそのまま併用で利用可能


ポイント④ 世界中で出現した全ランサムウェアを検知することを実証



WannaCry、BadRabbit、NotPetya、Locky、Cerber、satana等など、これまで世界中で確認された全てのランサムウェアを検知・防御することを実証で確かめられました。(MBSD調べ)



ポイント⑤ マルウェアの知見に特化したマルウェア解析者が開発



多くのセキュリティアプリケーションはセキュリティの専門家が関わるのは上位レイヤーのみであり、実際は一般的なプログラマーが開発しているケースが多く、脅威に対する細かい配慮が困難です。
本製品は、マルウェア解析に特化した専門家が直接開発に携わっており、防御力の高さが品質を物語っています。

ポイント① 国産かつ国内特許を2件取得 特許技術を全て搭載



国内ベンダー唯一、ランサムウェアの検知防御に関する国内特許を2件取得しており、それらの特許技術を搭載しています。


ポイント② パターンファイルが不要



従来のアンチウイルス製品等ではパターンファイル(シグネチャ)の利用および更新作業が必須でしたが、MBSD Ransomware Defenderはパターンファイルを使用しません。


ポイント③ 主要なアンチウイルス製品と同居が可能



ランサムウェア対策特化型だから、ランサムウェア対策は本製品におまかせ
その他のウイルス対策はお使いのウイルス対策製品をそのまま併用で利用可能


ポイント④ 世界中で出現した全ランサムウェアを検知することを実証



WannaCry、BadRabbit、NotPetya、Locky、Cerber、satana等など、これまで世界中で確認された全てのランサムウェアを検知・防御することを実証で確かめられました。(MBSD調べ)



ポイント⑤ マルウェアの知見に特化したマルウェア解析者が開発



多くのセキュリティアプリケーションはセキュリティの専門家が関わるのは上位レイヤーのみであり、実際は一般的なプログラマーが開発しているケースが多く、脅威に対する細かい配慮が困難です。
本製品は、マルウェア解析に特化した専門家が直接開発に携わっており、防御力の高さが品質を物語っています。


ページトップにページトップへ

システム要件

システム要件

対応OS Windows 7 (.NET Framework 4.5 以上が必要)
Windows 8.1(KB3000850の適用必須)
Windows 10
CPU 2コア以上必須 (推奨4コア以上)
※1コアの環境では動作しません
ハードディスク インストール時に200MB以上の空き容量
メモリ 2GB以上推奨
その他 .NET Framework 4.5 以上が必要
(Windows7は事前に別途インストールが必要です)


ページトップにページトップへ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはこちら


(富士通SSL)
お問い合わせ総合窓口
住所〒211-0063 川崎市中原区小杉町1-403武蔵小杉タワープレイス
メールアドレスssl-infocs.jp.fujitsu.com
ホームページhttp://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/



ページトップにページトップへ

company_side space
  • セキュリティインサイト
  • メディア掲載
  • 導入実績
  • サイバーセキュリティ事件簿
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • MBSD SIRT
  • MBSD Blog

所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-6861-5172

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ

所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-6861-5172