サイバーセキュリティ事件簿

title1

各種メディアで報道された情報セキュリティ事件・事故をまとめました。



サイバーセキュリティ事件簿 2019年2月11号 (第415号)

2019年2月4日~2019年2月11日

MBSDでは、【セキュリティ診断サービス】でウェブサイトの改ざんや不正アクセスの耐性評価を【セキュリティコンサルティングサービス】で包括的な情報管理体制の構築を、【セキュリティ監視サービス】で不正行為や情報流出を24時間365日監視し、情報流出が発生した際は【情報漏えい調査サービス】で原因調査から再発防止の恒久対策までを支援いたします。


…妨害 …侵入・感染 …改ざん・破壊 …情報流出・紛失

2019年2月1日

侵入・感染情報流出・紛失
【通販サイトで、新たにクレジットカード情報も流出の可能性】 某ドラッグストアは、2018年11月に「通販サイトへの不正アクセスにより個人情報が流出したが、クレジットカード情報は含まれていない」と発表したが、今回新たに、クレジットカード情報も流出した可能性がある事を追加発表した。流出した可能性のある情報は、458件のカード名義人名・クレジットカード番号・有効期限・セキュリティコード。再調査により判明した。

2019年2月6日

侵入・感染
【オンラインショップで、「なりすまし」による不正アクセス】 某ファッション通販会社は、外部で不正に取得されたと思われるID(メールアドレス)・パスワードを使った”なりすまし”による不正アクセスが発生し、第三者によってお客様情報が閲覧された可能性があることを公表した。同一IPアドレス(国内)から、18回にわたる”なりすまし”による不正アクセスが行われ、そのうち1件が不正ログインされ、1名分のお客様情報(氏名・生年月日・メールアドレス等)が第三者に閲覧された可能性があるというもの。その後、お客様情報は流出していないことを確認している。

2019年2月7日

侵入・感染改ざん・破壊
【某県警サーバーがCD-Rからウイルス感染】 一部報道機関は、「某県警サーバーがCD-Rからウイルス感染し、ファイルが暗号化された影響でイントラを一時停止した」と報じている。職員からの「イントラの画面表示が正常ではない」との報告が契機。職員がCD-Rのファイルをノートパソコンにコピーしイントラネットに接続したところ、ウイルスがサーバー上のファイルを暗号化したという。個人情報の流出はない。詳細は調査中。



go事件簿一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-6861-5172

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ