サイバーセキュリティ事件簿

title1

各種メディアで報道された情報セキュリティ事件・事故をまとめました。



サイバーセキュリティ事件簿 2016年6月14日号 (第281号)

2016年6月3日~2016年6月9日

本号では、地方自治体がPCの乗っ取り被害にあった事案が報告されました。報道によりますと、自治体職員が業務用PCを私用で閲覧し、遠隔操作型ウイルスに感染したことが原因とのことです。

今回は、業務用PCを適切に使用していれば防止することができた事案あると思われます。フィルタリングソフトウェアは、ネットの不適切使用防止に効果的なので、導入を検討することを推奨します。

MBSDでは、【セキュリティ診断サービス】でウェブサイトの改ざんや不正アクセスの耐性評価を【セキュリティコンサルティングサービス】で包括的な情報管理体制の構築を、【セキュリティ監視サービス】で不正行為や情報流出を24時間365日監視し、情報流出が発生した際は【情報漏えい調査サービス】で原因調査から再発防止の恒久対策までを支援いたします。


…妨害 …侵入・感染 …改ざん・破壊 …情報流出・紛失

2016年6月3日

侵入・感染情報流出・紛失
某工業専門学校の就職支援サイトが不正アクセスを受け、求人情報が外部流出した可能性があることが分かった。同校によると、サーバに外部から侵入された痕跡あり、専門機関の協力を得て調査を行った。 外部流出が疑われる情報は、サーバに保管されていた約5,000件の個人情報で、求人希望企業名、担当者名等であった。

侵入・感染
某市は、職員が使用していたPCがウイルスに感染したと発表した。発表によると、職員が添付ファイル付きメールを開封したところ、ウイルスに感染してしまったという。

2016年6月5日

妨害侵入・感染情報流出・紛失
某町は、町議会事務局のPCが乗っとり被害に遭ったと発表した。発表によると、事務局職員が私用で業務用PCを閲覧、遠隔操作型ウイルスに感染してしまった。町議会議員名簿や発言メモなどが外部に流出した恐れあるという。

2016年6月6日

妨害侵入・感染
某大学は、使用するPCが不正アクセスを受け、フィッシングメールが大量に送信される被害に遭ったと発表した。発表によると、学内で使用していたPCが不正アクセスを受け、フィッシングメール約280万件が学外に送信された。大学は、PCのパスワードが簡易であったことが原因としている。



go事件簿一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-6861-5172

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ