サイバーセキュリティ事件簿

title1

各種メディアで報道された情報セキュリティ事件・事故をまとめました。



サイバーセキュリティ事件簿 2014年8月19日号 (第192号)

2014年8月8日~2014年8月14日

本号では、某大学の研究室扉が破られ、ノートPCとタブレット型情報端末が盗まれるという事案が報告されました。

報道によると、盗難被害に遭ったノートPCには学生の個人情報が保存されていたとのことです。盗難品は発見されていませんが、ノートPCにはパスワードが設定されており、個人情報の流出は確認されていません。

情報機器は盗難・紛失などに遭遇する可能性があります。しかし、パスワードの設定や、情報の暗号化などで情報流出のリスクを低減させることは可能です。簡単な作業であり、情報保全のために励行することが望まれます。

MBSDでは、【セキュリティ診断サービス】でウェブサイトの改ざんや不正アクセスの耐性評価を【セキュリティコンサルティングサービス】で包括的な情報管理体制の構築を、【セキュリティ監視サービス】で不正行為や情報流出を24時間365日監視し、情報流出が発生した際は【情報漏えい調査サービス】で原因調査から再発防止の恒久対策までを支援いたします。


…妨害 …侵入・感染 …改ざん・破壊 …情報流出・紛失

2014年8月8日

情報流出・紛失
某市立小学校において、児童の成績情報等を保存したUSBメモリが所在不明になっていることを、教務主任が気づいた。USBメモリには成績補助簿や指導要録資料など児童41名分のデータが保存されていた。市は、市内の全小中学校、高校に対し、個人情報保護と文書の適正管理を通知した。

情報流出・紛失
某特別区は、区政モニター参加者のメールアドレスと個人名が流出したと発表した。職員がモニター61名向けにメール発信した際、送信先アドレスをBCC:に指定せず、全員を対象にして一斉送信してしまった。

2014年8月9日

情報流出・紛失
某中央官庁地方局は、申請者が提出した書類一通を紛失したと発表した。書類には申請者氏名、生年月日、住所、電話番号、年齢、前職、学歴などが記載されていた。紛失の経緯については不明という。

情報流出・紛失
某大学の研究室から、学生235名分の情報が保存されたノートPCが盗まれた。研究室の扉が破られ、現金、タブレット型情報端末、ノートPCが盗まれていた。ノートPCには学生の氏名、成績などが保存されていた。ノートPCはパスワード保護されており、現時点で個人情報の流出は確認されていない。

2014年8月11日

侵入・感染 改ざん・破壊
某学術・研究開発機関は、運営するウェブサイトが改ざん被害に遭ったと発表した。同機関が開催したコンテストの参加申込サイトが改ざんされたものだが、フィッシングサイトが仕掛けられていたという。改ざん発覚後、直ちにサイトの運用が停止された。現時点で被害は確認されておらず、同機関は原因究明と復旧を進めている。

2014年8月12日

情報流出・紛失
某ケーブルテレビ会社が、顧客情報を記載した書類を紛失したことが分かった。従業員が訪問修理業務中に紛失したもので、顧客19名の氏名、住所、電話番号などが記載されていた。最終訪問先の住民から連絡があり、同社は回収したが、5名分の書類が所在不明となっている。

2014年8月13日

侵入・感染
某雑貨品販売会社は、同社が運営するネットストアが不正アクセスを受けたと発表した。他社サービスから流出したアカウント情報を悪用した「リスト型アカウントハッキング」によるものだという。同社によると422万382回に渡る不正ログインが試行され、約2万件が成功したという。不正閲覧された可能性のある情報はショッピングマイル数、利用者の氏名、住所、電話番号等だが、ポイントの不正利用や商品購入などの被害は確認されていない。同社は不正ログインの対象となったアカウントのパスワードを強制リセットし、再設定を行うようにメールで案内した。また、対象者以外にもパスワードの使い回しを避けるように注意を呼びかけた。



go事件簿一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-6861-5172

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ