サイバーセキュリティ事件簿

title1

各種メディアで報道されたサイバーセキュリティ事件・事故をまとめました。



サイバーセキュリティ事件簿 2014年8月12日号 (第191号)

2014年8月1日~2014年8月7日

本号では、個人データ、文書の紛失・漏えいが7件報告されました。いずれも取り扱いの誤りに起因するもので、外部からの不正行為によるものではありません。

標的型攻撃などの外部攻撃に関心が集まりがちですが、通常業務に潜むセキュリティ事件・事故の危険要因を排除するため、定期的な業務見直しが効果的です。

MBSDでは、【セキュリティ診断サービス】でウェブサイトの改ざんや不正アクセスの耐性評価を【セキュリティコンサルティングサービス】で包括的な情報管理体制の構築を、【セキュリティ監視サービス】で不正行為や情報流出を24時間365日監視し、情報流出が発生した際は【情報漏えい調査サービス】で原因調査から再発防止の恒久対策までを支援いたします。


…妨害 …侵入・感染 …改ざん・破壊 …情報流出・紛失

2014年8月1日

情報流出・紛失
某市教育委員会は、市立中学校の外国語指導助手が車上荒らしの被害に遭い、生徒名簿を紛失したと発表した。名簿には生徒35名の氏名、学年、性別などが記載されていた。

情報流出・紛失
某公共放送機関の地方放送局は、報道機関向け広報文書を誤って一般家庭にFAX送信したと発表した

2014年8月4日

情報流出・紛失
某不動産管理関連会社は、契約者と取り交わした覚書原本を紛失したと発表した。原本には契約者90名の氏名、住所、賃料などが記載されていた。誤廃棄した可能性が高いという。

情報流出・紛失
某政令市水道局は、共同住宅用の水道料金に関する書類を紛失したと発表した。書類には共同住宅入居者の氏名、電話番号などが含まれていた。誤廃棄した可能性が高いという。

2014年8月5日

情報流出・紛失
某銀行は、同行出張所が取引に使用した帳票を紛失したと発表した。帳票には顧客氏名、住所、電話番号などが記載されていたという。不要帳票を廃棄する際に、誤って同梱してしまった可能性が高いという。

2014年8月6日

情報流出・紛失
某県農業協同組合は、共催契約書96件を紛失したと発表した。同組合が実施した調査で判明した。共催契約書には顧客氏名と住所、電話番号、生年月日、性別、職業、口座番号、身体情報などが含まれていた。誤廃棄した可能性が高いという。

2014年8月7日

情報流出・紛失
某市立小学校において、児童の成績データなどを保存したUSBメモリが所在不明になった。所在不明になったUSBメモリには2013年度の3年生23人の成績補助簿、2014年度の3年生16人の成績補助簿、2名の個別指導計画書が含まれていた。



go事件簿一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-6861-5172

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ