サイバーセキュリティ事件簿

title1

各種メディアで報道された情報セキュリティ事件・事故をまとめました。



サイバーセキュリティ事件簿 2014年8月5日号 (第190号)

2014年7月25日~2014年7月31日

本号では、小学校教諭が児童の成績情報を保存したUSBメモリを紛失した事案が報告されました。

紛失事故のあった小学校では、事故後、学級担任の教諭26名に対し聴きとり調査を行なった結果、26名中24名が私物USBメモリに成績データなどを保存し、持ち歩いていることが分かりました。

同校では、学校管理のUSBメモリにパスワードを設定して運用するルールが決まっていましたが、順守されていませんでした。個人データ流出事故の大半は、定められた規程を守っていなかったことが原因です。情報管理規定が順守されているかどうか、定期的な確認が必要です。

MBSDでは、【セキュリティ診断サービス】でウェブサイトの改ざんや不正アクセスの耐性評価を【セキュリティコンサルティングサービス】で包括的な情報管理体制の構築を、【セキュリティ監視サービス】で不正行為や情報流出を24時間365日監視し、情報流出が発生した際は【情報漏えい調査サービス】で原因調査から再発防止の恒久対策までを支援いたします。


…妨害 …侵入・感染 …改ざん・破壊 …情報流出・紛失

2014年7月25日

情報流出・紛失
某公益財団法人は、主催イベントを支援するボランティア宛に送付したメール106通を誤送信したと発表した。担当者が送信先アドレスの指定を誤り、送信対象者の氏名とメールアドレスがメールに表示されてしまった。

2014年7月26日

情報流出・紛失
某市教育委員会は、市立小学校教諭が、担任した児童の成績データを保存した私物USBメモリを紛失したと公表した。紛失した個人データには教諭が現在までに担任したことのある児童103人の成績一覧表、住所、生年月日、電話番号、保護者氏名などが含まれていた。教諭は規約を守らず、児童の個人データを私物USBメモリに保存していた。同校が学級担任を受け持つ教諭26名の聞き取り調査を行なったところ、24名が私物USBメモリを使用していたことが分かった。

2014年7月29日

情報流出・紛失
某医科大学病院は、患者データを保存したデスクトップPCが、病院内で盗難に遭ったと発表した。紛失したPCには患者21名分の氏名、診察券番号、性別、年齢、手術日、手術部位、手術結果などが保存されていた。同病院は監督官庁に事態を報告するとともに、警察に被害届を提出した。

2014年7月30日

情報流出・紛失
某県立高校の教諭が、34名分の「生徒理解カード」を紛失していたことが明らかになった。カードには生徒の氏名、生年月日、性格、保護者氏名と勤務先、家族構成などが記載されていた。教諭は施錠保管すべきカードを、前日から放置していた。

情報流出・紛失
某市立中学校教諭が、生徒の成績データ等を保存したUSBメモリを紛失した。市教育委員会によると、教諭は研修会資料などの資料作成の為にUSBメモリを自宅に持ち帰っており、市内で開催された体育競技会で紛失した可能性が高いという。USBメモリには在校生や卒業生約320名の成績データなども保存されていた。

情報流出・紛失
某市は、市の「経済センサス-基礎調査及び商業統計調査」の調査員が、担当区域内の事業所名簿を紛失したと発表した。名簿には事業所名と所在地、住所、電話番号、事業所の正式名称、通称などが記載されていた。

2014年7月31日

侵入・感染 情報流出・紛失
某通信会社は、会員向けサービスにおいて「なりすまし」による不正ログインが発生していたことを発表した。同社の関連会社が運営するポータルサイトの568アカウントにおいて第三者による不正ログインがあり、ポイントサービスの不正交換が発生した恐れがあるという。同社は不正ログインの対象となったアカウントのパスワードを強制変更し、再設定を依頼した。



go事件簿一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-6861-5172

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ