サイバーセキュリティ事件簿過去のサイバーセキュリティ事件簿

title1

各種メディアで報道されたサイバーセキュリティ事件・事故をまとめました。



サイバーセキュリティ事件簿 2012年6月22日号 (第84号)

2012年6月9日~2012年6月15日

今月6月の初頭に、公共職業安定所の職員が、雇用保険の被保険者の個人情報を民間の調査会社に売り渡していた事が発覚しました。この事件を重視した厚生労働省は、公共職業安定所(ハローワーク)での個人情報の適正な取扱いを徹底するよう都道府県労働局に指示を出しました。しかしながら、公共労働安定所での個人情報取り扱い事故が続いています。

外部からの不正アクセスやサイバー攻撃による情報漏えいや改ざん、個人情報の漏えいなどについて予防策をご検討される際、もしくはそのような事件事故が生じていると疑われる場合には、是非弊社までご一報下さい。

file2012年6月9日

  • 警察が、車庫証明1195通を保管期限前に誤廃棄

file2012年6月10日

  • 中学校教諭が、全校生徒493人分の名簿等の個人情報を紛失

file2012年6月11日

  • 中学校で、中間テストの成績表の一部が紛失
  • 公共職業安定所で、3人分の個人情報を誤って無関係の事業所に送付
  • 県労働局が誤って個人情報を他事業者へ郵送

file2012年6月12日

  • SNSに不正アクセスをした疑いで、小学6年女児が補導される
  • 公共職業安定所で、高年齢被雇用者5人の個人情報を、誤って無関係の社会保険労務士事務所に渡す
  • 信用組合で、顧客情報が記載された帳票が行方不明
  • 某省庁で職員の業務用PC14台がウイルス感染し、不正通信を行なっていたことが判明
  • 量販店が家庭用炭酸水製造器購入者の個人情報を紛失
  • ガスコンロリース契約者2103人分の個人情報が所在不明

file2012年6月13日

  • 鉄道会社で、中高年向け会員サービス入会申込書12件が所在不明
  • 銀行員が顧客情報システムを不正利用し、行員が顧客に私的な電話をかけていたことが判明
  • 市職員が誤って、他人の年金額改定通知書・年金振込通知書を手渡す
  • 大学准教授が、個人情報719件を保存したノートPCを紛失

file2012年6月14日

  • 宮城県内のWebサーバ管理会社のサーバが外部から不正侵入され、60を超える宮城県内の企業・法人のWebサイトが改竄被害に遭う
  • 某中央省庁のWebサイトに掲載された資料から、個人情報が流出する恐れ
  • 大学教員がひったくり被害に遭い、学生260人分の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明
  • 不正入手したIDとパスワードをネットで公開した少年が逮捕される

file2012年6月15日

  • 通信会社社員が、271人分の個人情報が記載された書類を紛失
  • インターネット動画サービスにマルウエアへ誘導する広告が一時表示される
  • 求人・不動産情報サイト運営会社の社員が盗難被害に遭い、個人情報を保存したノートPCが所在不明
  • チケット販売ASPサービスから最大128万件の個人情報が流出
  • 県運営のWebサイトに外部不正アクセスがあり、個人情報流出の恐れ


事件簿一覧事件簿一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-6861-5172

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ