三井物産セキュアディレクション セキュリティ診断なら

サイバーセキュリティ事件簿

title1

各種メディアで報道された情報セキュリティ事件・事故をまとめました。



サイバーセキュリティ事件簿 2017年8月1日号 (第336号)

2017年7月21日~2017年7月27日

MBSDでは、【セキュリティ診断サービス】でウェブサイトの改ざんや不正アクセスの耐性評価を【セキュリティコンサルティングサービス】で包括的な情報管理体制の構築を、【セキュリティ監視サービス】で不正行為や情報流出を24時間365日監視し、情報流出が発生した際は【情報漏えい調査サービス】で原因調査から再発防止の恒久対策までを支援いたします。


…妨害 …侵入・感染 …改ざん・破壊 …情報流出・紛失

2017年7月24日

侵入・感染
某通信関連会社は、検証用サーバが不正アクセスを受けたと発表した。発表によると、同社のネットワーク環境内でマルウェアが検知され、調査を行ったところ不正アクセスを受けていたことが判明した。同社CSIRTが対応に当たっており、合わせて第三者機関による調査も行っている。

2017年7月25日

侵入・感染情報流出・紛失
某投資顧問会社は、運営する投資情報サイトが外部から不正アクセスを受けたと発表した。発表によると、決済代行会社から通報があり、情報セキュリティ専門会社に調査を依頼したところ、クレジットカード情報9,822件が外部に流出したことが判明した。

2017年7月26日

妨害情報流出・紛失
某警察本部は、ショートメールサービス(SMS)を用いて偽サイトに誘導する「スミッシング」の手口でクレジットカード情報を詐取したとして、会社役員と建築業の容疑者2名を電子計算機使用詐欺罪で逮捕した。報道によると、2人はショートメール約30万件を送信し、受信者を某大手検索サイトの偽サイトに誘導して情報をだまし取っていた。スミッシングが摘発された、初めての事案となった。

2017年7月27日

侵入・感染情報流出・紛失
某警察本部サイバー犯罪対策課は、大学一年生を不正アクセス禁止法違反と不正指令電磁的記録保管容疑で逮捕した。当該警察本部によると、逮捕理由はSNSのパスワードを盗用するウイルスを保管していた疑いで、大学生のPCに約7,300件のIDとパスワードが保存されていた。

侵入・感染改ざん・破壊
某医療法人は、グループのHPが不正アクセスを受け、改ざん被害に遭ったと発表した。発表によると、コンテンツ管理システム(CMS)に脆弱性があり、閲覧者が外部へ誘導される可能性があった。なお、同法人は個人情報の流出はなかったとしている。



go事件簿一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5575-2171

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ