サイバーセキュリティ事件簿

title1

各種メディアで報道された情報セキュリティ事件・事故をまとめました。



サイバーセキュリティ事件簿 2019年3月18日号 (第420号)

2019年3月9日~2019年3月15日

MBSDでは、【セキュリティ診断サービス】でウェブサイトの改ざんや不正アクセスの耐性評価を【セキュリティコンサルティングサービス】で包括的な情報管理体制の構築を、【セキュリティ監視サービス】で不正行為や情報流出を24時間365日監視し、情報流出が発生した際は【情報漏えい調査サービス】で原因調査から再発防止の恒久対策までを支援いたします。


…妨害 …侵入・感染 …改ざん・破壊 …情報流出・紛失

2019年3月11日

妨害情報流出・紛失
【機密情報不正持ち出し-USBメモリを使って私有パソコンへ情報をコピー】 医療機器の開発製造を行う某社は、元従業員が機密情報を不正に持ち出したとして、不正競争防止法違反で某警察本部に刑事告訴したと発表した。告訴後、警察本部から某地方検察庁へ書類送検されたことを受けて、同社は事件について発表を行った。発表によると、元従業員の退職にあたり業務用PCを調査、機密情報を書き出したログを発見、当人に事実確認を行ったところ私物PCに複写していたことを認めたという。 元従業員が持ち出しを図った情報は、医療機関から提供された885名の患者情報、同社の顧客やアンケートなどの個人情報2,603名分などだった。告訴後、 同社は元従業員を懲戒解雇し、関係する医療機関や関係者に謝罪を行った。

2019年3月14日

妨害情報流出・紛失
【秘密情報不正持ち出し-付与されたID・パスワードを悪用】 某県警は、スポーツ用品の製造販売を行う某社の元従業員、A容疑者を不正競争防止法違反容疑で逮捕した。 A容疑者は、同社から与えられたIDとパスワードを使ってサーバにアクセス、営業秘密にあたるデータファイル約3万6千件を私用メールアドレス宛に不正に送信した。県警は、不正に入手した製品情報を再就職先に持ち込んだ容疑についても引き続き捜査している。

妨害
【スマホ向けオンラインゲームでフィシングメールを確認】 スマートフォン向けオンラインゲームを運営する某社は、利用者を対象にしたフィッシング攻撃が確認されているとして、注意喚起を行っている。 確認されたフィッシングメールは、ゲームの購入明細の領収書を装ったもので、利用者の個人情報を入力させることを狙った偽サイトへ誘導するものだった。 同社は、フィッシングメールを開封したり、偽サイトをアクセスしたりすることのないように呼びかけている。

2019年3月14日

侵入・感染情報流出・紛失
【不正アクセスで情報入手-IDやパスワードを推測】 某市は、庁内情報共有システムに不正アクセスを行った職員を、減給10分の1とする懲戒処分を行った。 当該職員は、IDやパスワードを推測するなどの方法で複数の部署に不正アクセスを行い、昇任試験合格者や人事評価などの情報を入手していた。



go事件簿一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 郵船水天宮前ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-6861-5172

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ