三井物産セキュアディレクション セキュリティ診断なら

サイバーセキュリティ事件簿

title1

各種メディアで報道された情報セキュリティ事件・事故をまとめました。



サイバーセキュリティ事件簿 2017年2月7日号 (第311号)

2017年1月27日~2017年2月2日

MBSDでは、【セキュリティ診断サービス】でウェブサイトの改ざんや不正アクセスの耐性評価を【セキュリティコンサルティングサービス】で包括的な情報管理体制の構築を、【セキュリティ監視サービス】で不正行為や情報流出を24時間365日監視し、情報流出が発生した際は【情報漏えい調査サービス】で原因調査から再発防止の恒久対策までを支援いたします。

電話>マーク0120-517-889


…妨害 …侵入・感染 …改ざん・破壊 …情報流出・紛失

2017年1月27日

侵入・感染情報流出・紛失
某娯楽事業会社は、運営するウェブサイトが不正アクセスを受け、個人情報が外部に流出したと発表した。同社の発表によると、システム担当者がサーバに保存された不審なファイルを発見、情報セキュリティ専門会社に調査を依頼したところ、不正アクセスの痕跡が確認された。 流出した個人情報は、同社のHP経由で登録した会員12、276名の氏名と住所、電話番号、メールアドレスなどで、一部は口座番号も含まれていた。

侵入・感染情報流出・紛失
某通販サイト運営会社は、ウェブサーバが不正アクセスを受け、クレジットカード情報758件が漏えいしたと発表した。発表によると、クレジットカード会社から決済代行会社を通じて指摘を受け、カード情報の漏えいが発覚した。同社は、情報セキュリティ専門会社に対応を依頼した。

2017年1月30日

妨害侵入・感染
某県警察本部は、同県在住の未成年を不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕した。報道によると、他人のSNSアカウントを乗っ取り、別の第三者に不快なメッセージを送っていた。 容疑者は、乗っ取り対象アカウントの生年月日などから、パスワードを類推していた。

妨害
某女子大学は、メールアカウントが乗っ取り被害に遭い、スパムメールが学外に発信されたと発表した。発表によると、同大学職員のアカウントが不正利用され、約4,000件のスパムメールが発信された。

2017年2月1日

侵入・感染改ざん・破壊
某大学附属病院のHPが、外部から不正アクセスを受けていたことが分かった。報道によると、文部科学省から連絡があり、調査を行なったところHPの画面が改ざんされていた。 同大学は、予算の関係で早急な対応が難しいとしている。



go事件簿一覧へ


所在地

本店:

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町
1丁目14番8号 TT-1ビル6階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5649-1961(代表)


赤坂オフィス:

〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目17番7号
赤坂溜池タワー9階
地図はコチラMapはコチラ

TEL : 03-5575-2171

三井物産セキュアディレクション株式会社

MBSDロゴ

サイトマップ